JA大阪市」タグアーカイブ

2020年03月24日  

1〜3月のお仕事報告:JA萌 / 認知症ケア事例ジャーナル 表紙イラスト

今回もお仕事報告です。

JA大阪市「萌」1月号 通天閣

1月号は「通天閣(新世界)」でした。

JA大阪市「萌」1月号 新世界のイラスト

JA大阪市「萌」1月号 新世界


前号の「黒門市場」同様とても細かい絵でしたが描き甲斐がありました!
こうして見ても街の色合いがもう「THE 大阪!!」て感じですよね〜(笑)。

ちなみに自分はまだ通天閣へは行ったことがありません(^_^;)
食事とお酒と、あの空気感を楽しみに新世界へ行ってみたいと思いながらこれがなかなか機会がなく…

今年、コロナが収束したら遊びにいってみたいな…と思いつつもこれを書いている今、世界はとても厳しい方向へ進んで行っていて先が全く見えなくなっています…(涙)。

JA大阪市「萌」2月号 万博公園

2月号は万博公園。

JA大阪市「萌」2月号 万博公園のイラスト

JA大阪市「萌」2月号 万博公園

いつの時代になっても、新しいのか古いのかどちらとも言えないまさに「芸術」と呼べる太陽の塔。
この傑作はこの先もずっと残しておいて欲しいなと思います。

今号では太陽の塔と抜ける空をうまく表現出来たように思います。
「萌」では4月から新たに線画で描き続けてきて、この万博公園の絵で現時点での完成形を見れたように思います。
個人的に線のある絵は、線の無い絵よりも非常に奥深く感じるので今後も研究を怠れません…
とても難しいです。

JA大阪市「萌」3月号 

「大阪観光シリーズ」だった今期の「萌」最終号は天王寺動物園で締めくくりでした。

JA大阪市「萌」3月号 天王寺動物園のイラスト

JA大阪市「萌」3月号 天王寺動物園


JAさんからのリクエストで「愛らしい白クマのゴーゴくんを描いて欲しい」との事でこうなりました^^

僕もクマさん全般が好きです。
クマさんには人間が入ってるとしか思えない写真や映像を、今はたくさん見れますよね(笑)。
見たこともないはずの遊具で楽しく遊んでいたり。

野生で出会うと怖いと思うのですが、人間が対峙しなければとても可愛い優しい動物だと思っています。

絵本でも昔話でもそういう雰囲気で書かれているのは、昔の人たちもそんな風にクマさんを見ていたのではないかなと思ったりまして。

そんな訳で僕も自画像はクマにしているんです。

こっそりカミングアウトです(笑)。

認知症ケア事例ジャーナル Vol.12-4

「お仕事」シリーズの「認知症ケア事例ジャーナル」、今期のラストは「お花屋さん」でした。

「認知症ケア事例ジャーナル」Vol.12-4 表紙イラスト お花屋さん

「認知症ケア事例ジャーナル」Vol.12-4 表紙イラスト お花屋さん


実はお花を描くのがとても苦手です…(^_^;)
描くのが嫌いとかそういうのでは全くなくて(描きこむのは寧ろ大好きです!)「写実表現以外にもっといい方法や表現があるんじゃないか…??」って思ってしまってなかなか筆が進まない、というのが正確なところです…(苦笑)。

実際こうして出来上がった絵は気に入っていますが、さらに良い絵になるよう今後も考えたいと思います。

絶対もっといい方法があるはず…(ブツブツ)

ということで今回はレギュラーのお仕事報告でしたが、どちらとも無事1年間の連載が終わりました

ありがたいことに両誌とも来期も継続させて頂ける事になっています。
どちらとももう長い期間描かせて頂いていまして本当に感謝しかありません。
ありがとうございます!!

次期も1年間素晴らしい絵で表紙を飾ってゆけるよう日々精進し続けてまいります。

以上、お仕事報告でしたm(_ _)m

2019年11月15日  最終更新日:2020年03月24日

9〜10月のお仕事報告:JA萌 / 認知症ケア事例ジャーナル etc

今回はお仕事報告です。

オリーブス エッグラップイラスト

イースターの際のイースターエッグを簡単に作る事が出来る文具のイラストを描かせて頂きました。
こちらはもう4年目?になろうかと思いますが継続頂けるのは本当にありがたい事です。

エッグラップ イラスト イースターエッグ

エッグラップ イラスト


エッグラップ イラスト イースターエッグ

エッグラップ イラスト

この絵が専用のフィルムに印刷されまして、このように卵に巻いて

エッグラップ

エッグラップ


こうしてお湯につけると

エッグラップ

こんな風に卵にぴったりとくっついて綺麗なイースターエッグが出来上がります^^

エッグラップ 出来上がり

エッグラップ 出来上がり


次は全く違う感じのテイストで描いてみたいなぁと思うので来季もまた発注して頂けるようこの1年も頑張りたいと思います。

オリーブス ハンカチイラスト

上記のイースターエッグをハンカチに使えないか?とご相談を頂きまして、少し編集して使って頂きました。

クライアントさまからは「男の子女の子のどちらでも使えそうだ」というお話をして頂いてまして確かに自分の絵はそういった面もあるかも…と勉強になりました。

SNSでも反響は多かったのでとても嬉しく思います^^

オリーブス タオルハンカチ

オリーブス タオルハンカチ

JA大阪市「萌」9月号 四天王寺

今でいう天王寺周辺にある古いお寺、四天王寺を描きました。

聖徳太子が建立した、日本仏法最初の官寺。宗派のこだわらない和宗総本山です

ということで日本最初のお寺になるのでしょうか?
ものすごく古い歴史ですね。
さすがに建て替えや改修は繰り返しているかと思いますが1500年近くそこにしっかりと建って祀られているのはとても不思議な気分になります。

聖徳太子、といえば最近「学習まんが 日本の歴史」をめちゃくちゃ読みたいです(笑)。
子供の頃はたくさん読んでたんですけど
「信長がはだけた着物で父親の葬式に来て塩ぶち撒いて帰った」シーンと
「これでもう尾張も終わりじゃ‥」
という家老のダジャレくらいしかあまり記憶が有りません。

20冊くらい読んでたんだけどなぁ…(苦笑)。

とか言ってますとこういうのを見かけました。
違法でなかったら良いのですが…

これから仕事中はこれ流そうと思います(笑)。

JA大阪市「萌」10月号 長居植物園

長居総合公園の中にある植物園エリアを描きました。

敷地内にはセレッソのスタジアムがあります。
京都でいうと西京極みたいなものでしょうか(規模が違いすぎそうですが)。

御所や植物園、鴨川などに行くたびに思うのですが、徒歩圏内に広大な公園や自然があるというのは本当に良いことですよね。
行ったことがありませんのでこの周辺がどういう感じかはわからないのですが、お写真を見る限り近隣の皆さんの憩いの空間なんだろうなぁ〜と想像します。

認知症ケア事例ジャーナル Vol.12-2


今期のテーマは「お仕事」ということで2冊目は「人力車」を描きました。
この案だけはクライアントさまからのリクエストだったように思います。

このような細かい建物の絵などはどちらかというと好きな方だと思いますが、最近はこういった絵とは真逆のアバウトな絵もまた描き出していて両者を並行して描くのは少し難しいなぁ…と思う今日この頃です…(^_^;)

ということで9〜10月のお仕事報告でした。
次回は教材のお仕事のご報告をしたいなと思います。

2019年09月24日  最終更新日:2020年03月24日

7〜8月のお仕事報告:JA萌・チラシイラスト

今回はお仕事報告です。

と、更新頻度から鑑みると今年は非常にのんびりやってますね…(笑)。

とはいえ、僕にとっての画業は「描いてない時間」の方がとても重要。

ここ2ヶ月ほど、また色々と考える時期になっていたのですがわずかながら光明が見えて来たので仕切り直してまた沢山絵を描いていこうと思ってます^_^

C Studio 広告制作

C Studio 広告デザイン&イラスト

C Studio 広告デザイン&イラスト


制作自体は少し前になりますが、blogにするタイミングを逸してしまい最近日付変えて増刷したのでこのタイミングでのお知らせになりました。

京都のバレエスタジオ「C Studio」さんの広告制作です。
イラスト、デザイン全て担当させて頂きました。

JA大阪市「萌」7月号 あべのハルカス

JA大阪市「萌」6月号 あべのハルカスのイラスト

JA大阪市「萌」6月号 あべのハルカス


建設当時日本一の高さのビルで、その後どこかのビルに抜かれたような気がしていましたがまだ日本一だったのですねあべのハルカス!

先日初めて見ましたがそこまで高いようには見えませんでした(スイマセン)。

京都タワーからは見えるのかなぁ…

各段階の屋上空間には緑地空間が設けられ、周辺の公園施設と協調して緑のネットワークを形成するほか、建物内部では吹き抜け空間を利用した「光と風の道」を創出することでエネルギー消費量を低減するなどの環境対策が取られている。

とのことで緑もあるようなので次に近所へ行く際には一度中に入ってみたいなと思います。

JA大阪市「萌」8月号 道頓堀

JA大阪市「萌」8月号 道頓堀のイラスト

JA大阪市「萌」8月号 道頓堀


ナンバの名所、道頓堀。

もともとは昼の想定だったのですが他の月で夜のシーンは描けなさそうだったので夜に変更しました。

今となってはもっとネオンを表現してもよかったな~と思いましたので、また次年度のカレンダー化の際に加筆しようと思います。

去年今年とこの近所によく演奏しにいってたのですが、実は40過ぎるまで行ったことがなく…(^_^;)

NGKも含めて最近やっとミナミの地理が分かってきました筆者です。

ということで7~8月のお仕事報告でした!

2019年07月05日  最終更新日:2019年09月04日

5〜6月のお仕事報告:JA萌 / 認知症ケア事例ジャーナル 表紙イラスト

前回から少し間が空いてしまいましたが今回は5〜6月の表紙お仕事の報告です。

JA大阪市「萌」5月号 鶴見緑地

JA大阪市「萌」5月号 鶴見緑地のイラスト

JA大阪市「萌」5月号 鶴見緑地


線画になった今期の萌、2つめです。
奥に見える塔は1990年の花博のシンボルタワーとなった「いのちの塔」。
今もう展望塔としての営業されてないとのことですが、塔自体は今後も残るとのこと。
個人的にデザインとしては今も十分美しいなぁと思いますが、デザインがまあまあ奇抜なので外観のメンテナンスはなかなか大変そうですね…(^_^;)
綺麗なままこの先も残っていてほしいなと思います。

JA大阪市「萌」6月号 なんばグランド花月

JA大阪市「萌」6月号 なんばグランド花月のイラスト

JA大阪市「萌」6月号 なんばグランド花月


ご存知NGK。
大阪は梅田以外あまり行ったことがなかったので今年初めて前を通りました。
難波〜心斎橋を歩いてると突然知ってる建物が出て来て京都人としてはなかなかびっくりすることが多いです(笑)。

この絵で特徴的なのは色でしょうか。
少し晴れ空の絵が続きそうだったので今回は思い切って夕暮れどきにしました。
毎年この「萌」のイラストは次年度のカレンダーにもして頂いているのですが、12枚並んだ時の事も考えて予め色のバランスを割り振ったりもしています。

認知症ケア事例ジャーナル Vol.12-1

「認知症ケア事例ジャーナル」Vol.12-1 表紙イラスト カエルと水田のイラスト

「認知症ケア事例ジャーナル」Vol.12-1 表紙イラスト

「認知症ケア事例ジャーナル」Vol.12-1 表紙4イラスト カエルのイラスト

「認知症ケア事例ジャーナル」Vol.12-1 表紙4イラスト


めでたく今期も担当させて頂けた「認知症ケア事例ジャーナル」ですが、これでもう6期目となりまして本当に光栄の極みです。
今期のテーマは「お仕事」になりました。
初回の今号は「農家」。
いきなり農家というまあまあ大枠の職業ですが(笑)ジャンルを問わず今後色々なお仕事の様子を描いてゆきますのでまた見てやってください。

そういえば農家さんって同時にいろんな植物を扱うからあまり専門的な呼称はありませんね…(独り言

そういえば、先日のカエルblogで言ってましたのはこの絵になります。
今までとは少し違う雰囲気のカエルさんですがこんなのもあんなのも、今年はオリジナルの範囲でたくさんカエルを描いてみようと思います。

ということで今回はお仕事紹介でした。

2019年04月16日  最終更新日:2019年04月21日

3月のお仕事報告:萌 / バンクビジネス / 認知症ケア事例ジャーナル 表紙イラスト

今回のblogは3月のお仕事報告です。

JA大阪市「萌」3月号「かぐや姫」

JA大阪市「萌」3月号 かぐや姫 表紙イラスト

JA大阪市「萌」3月号 かぐや姫 表紙イラスト


今期の「昔話シリーズ」ラストは「かぐや姫」です。
以前に描いていたオリジナルイラストをリメイクする形で制作しました。

「かぐや姫」のお話も色々と議論を呼びますね。
SFやオカルト好きな僕としては宇宙人説を推したいところですが(笑)本当のところはどうなんでしょう…
謎多いお話です。

JA大阪市さまの「萌」2018年度はこれで完結しました!
先のblogにも描きましたが、新しい画風にて無事完走出来たことに何よりホッとしております(^_^)

バンクビジネス 3/1号

近代セールス社「バンクビジネス」 2018年3月1日号 表紙イラスト ひな祭り

近代セールス社「バンクビジネス」 2018年3月1日号 表紙イラスト


テーマは「ひな祭り」
特別号だったので今回も動物さんに登場してもらっています。
正面から描くのがどうも苦手なので今回もパースには少し懲りました。

この絵の衣装や屏風は都合上、割と質素な感じなのですが、もっと描き込みたい気持ちもあるので近々オリジナルイラストでものすごく細かい絵を制作したいな〜と思っています。

バンクビジネス 3/15号

近代セールス社「バンクビジネス」 2018年3月15日号 表紙イラスト

近代セールス社「バンクビジネス」 2018年3月15日号 表紙イラスト


1年描かせて頂いたバンクビジネス、最後の1枚は「桜」
スタートも桜だったので、桜に始まり桜に終わる形となりました。

バンクビジネスも「萌」同様未経験の画風でスタートしたのですが、やはり「人間」を描くのはとても難しいなと痛感した1年でした。
序盤はもう少し幼い感じの描写で号が進むにつれて少しずつ頭身が伸びていっていますが、知らず知らず変わって行ったのではなく「絵のテーマに沿って行くと頭身を少し伸ばした方が合う」と感じたので変えて行った、というのが実際のところでした。

前回の「萌」のまとめ同様、「バンクビジネス」のまとめblogも近いうちに投稿したいと思っていますのでその時にもう少し詳しく書いてみようと思います。

兎にも角にも、一番最後に一番お気に入りの絵が描けたことが何より嬉しい事でした。

あらためましてクライアントの皆様、1年間本当にありがとうございました!

認知症ケア事例ジャーナル Vol.11-4

「認知症ケア事例ジャーナル」Vol.11-4 表紙イラスト

「認知症ケア事例ジャーナル」Vol.11-4 表紙イラスト


こちらも今期最終号になりました。
最後の4冊目は「キリンの滑り台と桜」
最初は桜の予定ではなかったのですが発売の季節を考えると桜がぴったりだなという事でこの設定にしました。

こちらもやはり実験的な描き方でスタートした今期ですが、最後まで統一感を守って描き続けることが出来ました。
同じく、こちらについてもまとめのblogを近々書きたいと思います。

今月は1年連載が全て終わる月でしたので物思いにふけったり寂しい気持ちがあったりしましたが、3つのうち2つは継続させて頂くことになりましたのでまた来期も一年間しっかり描きあげたいと思います!

以上、3月のお仕事報告でした!

2019年04月04日  最終更新日:2019年04月05日

JA大阪市「萌」2019年度 表紙イラスト

今期も担当させて頂きます

これまで3年に渡って表紙イラストを担当させて頂いたJA大阪市さんの「萌」ですが、既報の通り4年目の今期もまた描かせて頂くことになりました。
本当に嬉しいです!

よくお師匠さんとも話す事ですが「新規案件も嬉しいけど本当に喜ぶべきは継続だよね〜」というお話がありまして、意味も読んだままではありますが継続とはその通り「それまでの成果物を認めて頂いた結果」なのでやはり格別嬉しいものです。
これだけ世の中に絵描きさんが沢山いる中で再度登用して頂く事のありがたみたるや…(感涙)。

この感謝を忘れないように、そしてなんなら今後永遠に続いていけるようにというくらいの気持ちで今年もまた一年精一杯描き上げていきたいと思います。

さて画風の件

前回のblogでも少し触れました「次の新しい画風」の件ですが今回はこういう絵になりました。

JA大阪市「萌」4月号 大阪城 表紙イラスト

JA大阪市「萌」4月号 大阪城 表紙イラスト

世間的には特に新鮮味も無い画風だと思いますが自分にとっては久々の「実線あり」の大きなイラスト。
単発ではなく12枚描く事を想定すると少々腰が引けましたが今回「萌」は印象を大きく変えたかったのでえいやっと描き上げました。

挿絵では昨年も一昨年も実線ありのイラストは描いていたと思いますが「表紙絵」となると4年ぶりくらい…?
かなり久々ですし、前回はファンタジー風でイラストの方向性自体も全く違うものでしたのである意味処女作。


あくまで自分個人の話ではありますが、「実線のあるなし」に於いては絵を完成させるにあたってアプローチも技法も構成もあらゆる面で違ってくるので「線のあるなし」には色々と思いがあるのですが、こういうのは多分作家本人にしかわかりませんよね…(^_^;)

最近も「実線のないイラストの描き方」みたいな本が発売されてましたが、実際そういった指南書が書けるほど、それぞれアプローチは変わってきます。

個人的には「やっと線画に戻ってこれた」という感覚なので、今後は積極的に大きな絵でも実線を使っていこうと思っています。

さて今期のテーマは

今期のテーマは「大阪の観光名所」になりました。
各地にファミリーが登場します。
4月のテーマはご覧の通り「大阪城」。
今後も大阪の各名所が登場しますのでお楽しみに^^

テーマの方向性自体は1月くらいから耳にしていたのですが、普段よく描いている実線のないスタイルで実在の風景をしっかり描こうとすると手がかかりすぎてちょっと現実的ではないな…という事で、印象を変えたいのも相まって早い段階から画風を変えようと考えました。
最終決定や、細かい部分がギリギリまで決まらなかったので習作は作れずぶっつけ本番でしたが結果オーライだったかなと思います^^

今後、描きこみが激しすぎる月もあるのですが(^_^;)今期はこの雰囲気で描き続けてゆきますので1年どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

最後に、改めましてクライアント様に御礼申し上げたいと思います。
4期目のご依頼ありがとうございました。
また一年宜しくお願い致します!

JA大阪市「萌」4月号 大阪城 表紙イラスト

JA大阪市「萌」4月号 大阪城 表紙イラスト

2019年03月25日  最終更新日:2019年03月27日

「萌」表紙イラスト 2018年度を描き終えました

「萌」2018年度 表紙イラスト一覧今期も1年間、無事「萌」の表紙イラスト制作を完走出来ました。

今期のイラストテーマは「昔話」、JAさんに各月の昔話とシーンをご指定頂いてそれを形にしてゆきましたが、当blogでも時折触れていますように連載のお仕事を頂いた際には出来るだけ今までとは違う要素を取り入れるようにしています。
理由はいくつかありますが、その1つには「新しい要素を培うにあたって最適のシチュエーションである」という考えがあります。

感覚面が大きいのであまりうまく言語化出来ないのですが、

  1. 12ヶ月安定して描くために、今現在の自分の能力の棚卸しと自身が耐えうる変化量の限界点を考えられる
  2. 毎月1枚描くので緩やかに新しい絵を体になじませてゆける
  3. 10枚以上描くので新しい方法で描いても画風の平均値をチューニングしやすい
  4. 理由を簡単に書くとこういう感じですが、結局は「なんだかんだ言ってもチャレンジしないと衰えていく」というのが全てですかね…(笑)

    「出来ること」だけやっていたらある日突然「古い人間」になってパタリとお仕事が来なくなると思っているので、今後もこの姿勢は変えずにそれぞれの案件で許される範囲で毎回チャレンジして行こうと思います。

    ということで

    今回も同様に新しい要素を取り入れて描くようにしたのですが、今回は「絵本風」とイメージづけたのでデジタルではありますが出来るだけ柔らい塗り方を心がけました。

    JA大阪市「萌」2018年度 表紙イラスト一覧

    JA大阪市「萌」2018年度 表紙イラスト一覧


    描き始めの頃は少なからず不安がありましたが今そういう部分が特にないことを考えると、この1年でこの画風が体に馴染んだのかなと思います。
    逆に「新しい新しい」って言ってる今回のblogが少し恥ずかしいくらい(苦笑)4月が遠い昔に感じています。

    7月「一寸法師」くらいまではまだ探り探りやっていたように思いますが、次の8月の竜宮城を描きながら少し吹っ切れたような気がします。
    10月「うさぎとカメ」は描く要素が少なすぎてはどうなることかと思いましたが(苦笑)これを乗り切れたことはとても大きかった。
    11月の「わらしべ長者」では「やっぱり背景画って大変だなぁ…」と勉強しつつ、12月の「桃太郎」はいつもの感覚で自然と描き、1月の「鶴の恩返し」は機織り機の資料がないのでヒーヒー苦しみつつ、2月は前回書いたようにカレンダーイラストで得た技法を駆使して、最後は以前描いたかぐや姫をリライトするような形で無事完走しました。

    こうして並べてみると思っていたよりは全体的に安定しているように見えて安心しています。
    毎月描き始めの際には前回分を並べて、違う絵にならないように気をつけているのですが全てを描き終えるまではなんとも言えないので今こうして見てやっとホっとしました。

    次年度もまた担当させて頂けました

    ということで2018年度は無事完走しましたが、次年度もまたまた担当させて頂ける運びとなりました。
    本当にありがたいです。
    次で4年目に突入になりますが、最初にお請けした際には考えられなかった状況に感謝しつつ、また1年間良い絵を描けるよう努めたいと思います。

    そしてここまで描いてきたように、来期の表紙イラストももちろんながら今までと少し違う画風にしました。
    それについても近いうちにまたblogにしたためようと思いますのでよかったら読んでやってください。

    最後に、クライアント様に御礼申し上げたいと思います。
    今期もありがとうございました!
    来期1年もまたどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m