blog & Illustrations

日々の雑感、絵にまつわる事など。

2021年06月13日  

根来衆 キャラクターイラスト

少し久々にお仕事報告です。
京都に開店された、今人気の生食パン販売の「根来衆」さんのキャラクターイラストを担当いたしました。

普段描いているテイストとは少し違いますが、クライアントさんに「西洋絵画風」というはっきりしたビジョンがおありだったのでそのご希望に沿う形で制作致しました。

根来衆 キャラクターイラスト

根来衆 キャラクターイラスト

とはいえ…

今回描いてみて「子供の絵」は本当に難しいなぁと改めて思いました…(^_^;)

黒い方の子供は当初「ちょっと悪だくみしてる表情で」というオーダーで、ラフの段階ではOKだったのですがいざ写実表現で清書してみると途端に大人の顔つきになり…

僕自身も違和感は拭えなかったもののオーダーなのでそのまま描き終えてクライアントさまにお見せしたら「ちょっと違う」と。

…ですよね(苦笑)。

そう言った反応も予想しながら描いてたんで、お見せする段階ですでに別の表情(今の顔)も準備しておきました。

その別案を準備しながら「なぜこんな違和感があるのかな?」と考えてたんですが答えは単純なんですよね。
「こんな歳の子供がしない顔だから」かなと。

マンガ風やPOPな画風、デフォルメした絵なら違和感は少ないのですが、今回のように写実寄りで表現するとそういった「現実的に存在しないこと」というのが絵にとってはノイズになるのだと感じます。

本来はその点も踏まえた上で、「悪い顔」が重症なポイントであればあらかじめデフォルメ方向の仕上がりをお勧めすべきだったなと。
今回は時間があまりなかった事とエンドクライアントさんとお話する機会が取れなかったのとで仕方ない面もありましたが、改めてまた一つ学べたと思います。

以上、お仕事報告でした。

改めまして、ご依頼頂きありがとうございました!

2021年05月05日  最終更新日:2021年05月07日

2021年チャリティ 追加寄付のご報告です

2月の寄付の後に、4月始まりのカレンダーをご依頼頂いたのでクライアントさまに確認の上で追加で寄付させて頂きました。

今回は京都のリトミック教室のおやこ♪リズムさまに名入れで100部ご購入頂いて6万円のご寄付を頂きました。
改めましてありがとうございました!!

どちらへ寄付させて頂こうかと考えましたが、日頃からTwitterで拝見していたNPO法人小鳥レスキュー会さまにご協力させて頂くことに致しました。

こちらは「人に捨てられた子や家庭の事情により手放された子、廃業したブリーダーさんの子、迷子としてやってきた子、奇形で生まれて販売できなくなった子、飼い主を亡くしてしまった子等、いろいろな理由により、たどり着いた子たちを受け入れる場所としてはじめたもの」だとの事で、さまざまな鳥さんの保護活動を行っていらっしゃる団体様です。

「NPO人小鳥レスキュー会とは」全文

いつの頃からかにTwitterでフォローしていたのですが、日々お世話に尽力されている様子に感銘を受けていましたので今回ご協力出来てとても嬉しく思っています。

普段からも寄付の呼びかけや里親さんの募集など行っていらっしゃいますのでご興味のある方は是非一度サイトの方をご覧頂けますと嬉しいです。

ということで2021年の寄付は合計285,200円となりました。

本当にありがとうございます。

詳細(内訳)や受領証は前回のblogの方で追記しておきましたのでよろければそちらも併せてご確認ください。

以上、追加寄付のお知らせでした!

規模や内容はさておき、次回も頑張りたいと思いますm(_ _)m

2021年04月20日  最終更新日:2021年04月21日

回転木馬(お話イラスト)

「今日は何人だったかい」

「100人はくだらないだろうね」

「とてもがんばった日になったね」

「そういえば子供の頃によく乗せていたあの子がひさしぶり来たよ もう大人になって素敵な男性も一緒だったよ うれしいね」

「そう、うれしいね 僕の背中には新婚の時によく来ていた彼が孫と一緒に乗ってくれたよ」

「そうかい 嬉しい話だね」

「あともう少し がんばろう」

「そうだね がんばろう」

人のいなくなった園内に
乗り物たちの静かな会話が響いていました

この絵は閉園後の遊園地を描きました。

僕は以前、10年ほど「豊島園」駅に住んでいました。
「豊島園」といえば「としまえん」。
とても思い入れのある場所です。

そのとしまえん閉園の知らせを聞いて描き始めた絵でしたがなかなかうまく行かず、間を空けながら進めて完成まで長い時間を要しました。

人のいなくなった閉園後の遊園地では動物や乗り物たちは自由に休み、会話し、ねぎらいあっています。
あと少しでお役目が終わるとしまえんのお馬さんたちも、100年近い歴史の間に来てくれた人たちのことを想いうかべ、それをまた勇気に変えています。

最後の日まで、おうまさんたちは子供たちを乗せ、優雅に回り続けるのでした。

2021年03月23日  

逢瀬(お話イラスト)

「それではゆくとしましょう」

船頭は元気な声で乗客にそう言って水底に棒を押しこみ、舟を進めはじめました。

舟の先頭には黒くて若いネコがいました。

ネコは船頭が舟を出そうとするとそれを見計らっていつも無賃乗船してくるのでした。
船頭はそのネコが好きだったので追い払いもせずにいつも乗せてあげていました。

「やあ、ネコくん。今日もまた逢いに行くのかい?」

ネコはプイプイッっと、しっぽを振って答えるのでした。

逢瀬

逢瀬

2021年03月20日  最終更新日:2021年03月24日

シンカイ鉄道(お話イラスト)

水族館の暗闇に浮かび上がる蒼と光と魚たち

それはまるで少年を深い海のあいだにいるように思わせました

—-
本日はシンカイ鉄道 イズ線にご乗車いただきまことにありがとうございます
この列車は伊豆小笠原諸島を経由し、終点ニシノシマ駅へ向かいます
サカナたちとともに、楽しい旅をお過ごしください
—-

少年は車掌となって大きな列車をあやつり、海底の土手をゆうゆうと駆けぬける姿を思い浮かべていました

シンカイ鉄道

シンカイ鉄道

2021年02月11日  最終更新日:2021年05月05日

2021 チャリティーカレンダー 寄付のご報告です

2021年チャリティーカレンダーにご協力頂きました皆さま、改めまして有難うございました!
2月に入り無事寄付が済みましたのでご報告致します。

まず収支について。
今回手売りと通販分は販売金額を変えて1部につき全て600円の寄付としました。

手売り&ネット販売分:237部
×600円寄付=142,200円
名入れ販売:170部×部数により変動 400〜600円寄付=83,000 143,000円(2021年4月6万円追加)

225,200円 285,200円

となりました。
ありがとうございます!!

今年は名入れ分が少し減ったのですが、ネット販売・手売り販売ともに増えまして初めて年内に完売。
在庫の問い合わせにも泣く泣くお断りをするようなうれしい悲鳴をあげておりました。

儲けのためにやってるのではなく寄付目的なので1部でも多く売りたいのが本音ですが
カレンダーというのは時期が外れると無用の長物でしかなくなりますので、印刷数を決めるのはとてもシビアであり…(涙)。
本当に難しいです…
続きを読む

2021年01月22日  最終更新日:2021年01月23日

C Studio Tシャツ&ノート用イラスト

バレエスタジオC Studioさまの発表会用のTシャツとノートのイラストを担当しました。

以前にカレンダー用に描いていたこちらのオリジナル

2020 チャリティー星座カレンダー 9月 乙女座 おとめ座

2020 チャリティーカレンダー 9月

この絵のアレンジ、というオーダーで「お姫様のスカートの部分を鍵盤に見立てて描いて欲しい」というご要望でしたが「シルクスクリーンの絵」ということで普段の絵とは違い単色の線画で仕上げました。

ぱっと見、あまりわからないと思うのですがスカートの数珠風?になっている部分が黒鍵になっていて、動物たちが立っている場所も演奏に基づいた位置になっています。

C Studio 発表会 Tシャツイラスト

C Studio 発表会 Tシャツイラスト

C Studio 発表会 Tシャツイラスト

C Studio 発表会 Tシャツイラスト


「説明されないとわからない絵」はあまり好きではないのですが「説明しすぎる絵」はそれよりももっと苦手なので(苦笑)しすぎないように、それでも分かる方には分かるような絵の仕上げをすることが多く、今回もそういった落ち着けになりました。

ノートにも採用頂いてこういう風になりました。

C Studio 発表会 ノートイラスト

C Studio 発表会 ノートイラスト

余談ではありますがこの中のレッサーパンダがいたく気に入ってしまったのでクライアント様に了承を頂いて今後グッズにしてみたいなと思っています。

どことなく不器用そうな雰囲気が自分で描いてとても愛おしくなってしまいました(^_^;)

最後に、ご依頼いただきましたクライアントさんにお礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました!

2021年01月13日  最終更新日:2021年06月13日

エコバッグ キャライラスト

いつも店内クリエイティブおよび広告関係を担当している京都の中華料理屋「楽仙樓」さん。
こちらで展開されているキャンペーンで配布されているエコバッグのイラストを担当致しました。

キャンペーンをされる事が決まって「それでは絵をどうしましょうか」というお話になった際に、「オリジナル」の作品から「SAMURAI GEISHA FEST」という絵を気に入って頂いて、そこからキャラを3つ選んでもらってそれぞれ今回のバッグ用に描き直しました。

ちょんまげ…?

元の絵、なぜかチョンマゲがついてたりかんざししてたりしております。
これは2013〜に海外向けに展開されていた「SAMURAI GEISHA FEST」に出展した作品だったからでありました。

SAMURAI GEISHA FEST

SAMURAI GEISHA FEST

ベタではありますが展示会タイトルそのままに、自分のテイストの絵にサムライ要素と芸者要素を合わせたのでした。

とはいえ楽仙樓さんとチョンマゲは関係ないので「大丈夫ですか?」と聞いてみましたが「それがええねん」ということでそのままに(笑)。
ありがとうございますm(_ _)m

もう随分前の絵になりますが、こうしてまた命を吹き込んでもらって新しい形で世の中に出て行く事になりとても嬉しく思います。

ニャン左衛門

ニャン左衛門

侍パンダ

侍パンダ

フクロウ小町

フクロウ小町

キャンペーンについて

こちらに詳細を記してありますので是非ご覧ください。
通販でも店頭でのお持ち帰りでも、5,400円以上のお買い上げでお好きなバッグを1つ貰えます!
保冷・保温機能付き!大容量!
いろんな用途に使えます。

マスクケースも作ってます

ちなみに少し前からお店ではこのSAMURAI柄のマスクケースも配布されています。
お店に行くと無料で頂けますので是非もらってください^^

2020年12月06日  最終更新日:2020年12月25日

2021 チャリティーカレンダーのお知らせ

2021 チャリティーカレンダーのお知らせ

2020年、皆様本当にお疲れ様でした

誰にとっても大変だった2020年も、気がつけばもう一ヶ月もなくなってしまいました。

年明けすぐくらいからじわじわと状況が悪化したものの「夏くらいにはなんとかなってるだろうよ」とふんわり思っていた前回の冬からあっという間に次の冬になってしまいました。
今年のことをあれこれ書こうと思うとキリがなくなりそうですのでここでは割愛しますが、とにかく地球の全ての方々本当にお疲れ様でした。
まだまだ収束には時間がかかると思いますが来てしまった新しい生活スタイルに素直に向き合って、平穏が戻るまで耐え忍びたいと思う師走の日々です。

今これを読んで頂けている皆々様におかれましても、どうかこの先もご自愛いただきたいと思います。
自衛、あるのみです…

そして今年も作りました

と、どうにも振り返りにくい今年もちょっぴり振り返りつつ、今回のblogは恒例のチャリティカレンダーのお知らせになります。

前回のカレンダーを作り終えた際、達成感と燃え尽き感が非常に大きかったので今年はもうやらないかも…と心のどこかで思っていたのですが、ずっと商品を扱ってくださっていたHueStyleさんの閉店の報せを受け、最後に改めて恩返しをしたいと思って今年も作りました。

このチャリティカレンダーは開始以来HueStyleさん無しでは成り立たないものだったので閉店された来年以降はどうなるかわかりませんが、今はそのことは考えずとにかく最後の商品をしっかり売ってゆきたいと思います!

HueStyleさん、長い間本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて、今回のテーマは

Twitterにもちらっといきさつを書いたのですが今回のテーマは「宮沢賢治」になりました。 続きを読む

2020年11月20日  最終更新日:2020年12月07日

銀河鉄道の夜(お話イラスト)

(引用)ごとごとごとごと汽車はきらびやかな燐光の川の岸を進みました。

向うの方の窓を見ると、野原はまるで幻燈のようでした。

百も千もの大小さまざまの三角標、その大きなものの上には赤い点点をうった測量旗も見え、野原のはてはそれらがいちめん、たくさんたくさん集ってぼおっと青白い霧のよう、そこからかまたはもっと向うからかときどきさまざまの形のぼんやりした狼煙のようなものが、かわるがわるきれいな桔梗いろのそらにうちあげられるのでした。

じつにそのすきとおった奇麗な風は、ばらの匂でいっぱいでした。(引用ここまで)

言わずと知れた名作。
全編、なかなかの難易度ですがここまで人に知られているタイトルも余りありませんよね。
きっとタイトルの言葉もとてもよかったのだと思います。

この作品の中から1シーンだけ選ぶのは非常に難しいのですがやはりこの光景かなということで、描いてみました。