教材」タグアーカイブ

2020年03月30日  

小学校教科書「わくわく算数」挿絵 1.3.4年生

前回、啓林館さまの「わくわく算数」の表紙絵について投稿しましたが、本の中のカット絵も一部担当しておりました。

学年は1.3.4年生です。
表紙と同じく、学年ごとに登場する子たちも少しずつ身長が成長してゆきます。

算数に限らず、教科書や教材は学年を経るにつれてイラストが少なくなったり可愛らしい絵が減っていくのですが、今回は1年生も担当させて頂けたのでこれまでのような動物さんも登場することになりました。

1年生

3年生

4年生

教科書のカット絵は写実表現が基本とはいえ、それなりに頭を使いますので描くのはとても楽しいです!

また、こういう機会を頂けるよう頑張りたいと思います。
ご依頼頂きましてありがとうございました!

2020年03月16日  最終更新日:2020年03月24日

啓林館 「わくわく算数」小学校教科書表紙イラスト

算数教科書の表紙イラストを担当致しました

2020年度から小学校で使用される「わくわく算数」(啓林館出版さま)の表紙イラストを担当させて頂きました。
1〜6年生まで、全9冊の表紙イラスト+裏表紙のオマケイラストの計18点です。

テーマは「わくわく算数大冒険」。
4人の妖精さんが乗り物を作りながら旅を続け、最後は宇宙へ飛び出すというストーリー仕立ての連作です。
妖精さんたちも学年を経るごとに少しずつ身長が伸びていっています(笑)。

また、算数の本らしく各表紙ごとにその段階での学びの内容とリンクした数字や矩形(三角形、円錐、台形etc)などが含まれているのですが、今年のカレンダーのように絵の中に仕掛けがあることがとても好きなので、難しいテーマながらも楽しく描かせて頂けました。

最近は動画もあるのです

加えて啓林館さんのwebには教科書のご紹介とともに動画もあります。
このご時世、教科書制作の際に映像・動画制作も含まれるようになってきているようで、タブレットなどで動画とともに学習が出来るようになっています。
通常は表紙に記載されているQRコードからジャンプするようですが、自分がすぐ見れるように(苦笑)ここにもリンクを掲載しておきます。

学習用の動画には携わっていないのですが表紙イラストを利用した動画もいくつかあり、そのために描き直したり新規に描き下ろしたりもしています。
上のリンクは1〜6年までがまとめて1本の動画になっているものですのでよかったら見てやってください。
4人の冒険は新しい星(中学校)へと続いていきます。

たまには絵の解説や感想など

イラスト全体をパッと見るのはこちらのページに任せるとして、せっかく物語性のある絵なので今回はそれぞれの絵について一枚ずつ触れてみようかなと思います。

少し長いですがよければお付き合いくださいm(_ _)m

1年生

旅の始まり!
お話の主役となるのは赤・青・黄・緑の4人の妖精さんたち。

広場で動物たちに出会った妖精さんは早速彼らに何かをもらっています。
何に使うのでしょう…?

啓林館 算数教科書「わくわく算数」表紙イラスト 1年生

啓林館「わくわく算数」表紙イラスト 1年生


続きを読む

2018年07月30日  最終更新日:2019年01月19日

東京書籍さま「数学へのステップ」カットイラスト

今回も以前のお仕事をご紹介してみようと思います。

イラストのお仕事としては珍しく中学以上の教材のお仕事です。
2016年のお仕事なので随分前のお仕事になります。
が。
あまり描かないタイプの絵なのでblogに取り上げよう取りあげようと思いつつもタイミングを逃し続けたまま今日になってしまいました…(^_^;)

東京書籍 「数学へのステップ」カットイラスト

東京書籍 「数学へのステップ」カットイラスト

こうして画像を見るとそれなりのサイズに見えますが、実際は1点4cm×2cmでしたので出来上がりは結構小さいです。

矩形やライン、文字入れなどもすべてこちらの担当だったのですが見ての通り専門性の強いお仕事ゆえ曖昧な部分はNGなので少々苦心しました。

イラスト自体は今見てもなかなか可愛いなぁと感じます(自画自賛)。
こういうイラストは一見簡単そうなのですが顔つきや目玉の位置がほんの少し違っても随分印象が変わってしまうので、仕上がりの印象よりは結構きちっと向き合って描いています。
よくあるベクター風の絵にもしたくなかったので手書き感も大事にしまして、結果的には良い仕上がりになったと思います。

ということで今回も以前のお仕事のご紹介でした^^

改めまして、ご依頼頂きましてありがとうございました!

2018年07月19日  最終更新日:2019年03月11日

「わからないをわかるにかえる高校入試 国語」カットイラスト

去年辺りから世に出たお仕事をなかなかblogに書くことが出来なかったのですが、そろそろ色々と落ち着いてきたので書き残しておきたかったものを少しずつ取り上げてblogに書いていこうと思います。

ということで今回は「わからないをわかるにかえる高校入試 国語」(文理さま)内の挿絵です。
古文・漢文の章だったので絵は古い時代の内容でした。

わからないをわかるにかえる高校入試 国語のイラスト

わからないをわかるにかえる高校入試 国語

教材の中のイラストいうのは年齢と共にどんどん需要(必要)がなくなっていきますので中学以上の教材のお仕事は今回でまだ二度目程度です。
絵柄的にも個人的には珍しいお仕事ですね。

今回はとても小さな挿絵だったのですが「大きく描いて縮小してご納品」すればよかった…と後から悔いました。
小さいサイズの場合はピクセルの都合上どうしても線やストロークが粗くなってしまうのですが、倍くらいのサイズで描けば綺麗になったはずなので次の機会にはそうしたいと思います。

また、史実に沿わないといけないイラストは「服装や建物などを間違ってはいけない」のでサイズに関わらずしっかり資料を読み込んだり調べたりしないといけなくてなかなか大変です(^_^;)。
小さいからささっと描けるかな、なんて思っていると大間違い!
きちんと事実に沿って描けるまで納品は出来ません。
歴史系のイラストをたくさん描いている方々なんかは個人的にも史実やディテールなどに詳しいんだろうな〜…と感じました。
僕が詳しいのは音楽や楽器くらいなのでその辺のお仕事にリーチできると良いのだけどな〜…

というわけで。
最後にご依頼くださったクライアントさまへお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました!

2017年12月17日  最終更新日:2019年04月22日

小5 道徳教科書 挿絵

先日、道徳教科書の記事を投稿しましたが同じタイミングでもう1件、道徳のイラストを担当させて頂いておりました。

いじめの現場のイラスト

いじめの現場 挿絵

こちらは日本文教出版さまの5年生道徳教科書で、「いじめの現場」という章のイラストです。
こちらも1年生の教科書同様に来年からの採用になります。

最近はスマホなんかが発達していじめの問題はさらに複雑化してより難しくなりましたね…
僕は子供には電話なんて一切不要だと思っていますので持たせる親の思考は全然わかりませんが…

とそんな独り言はさておき。

本案件を頂きましたクライアントの皆様にお礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました!

いじめの現場のイラスト

いじめの現場 挿絵

いじめの現場のイラスト

いじめの現場 挿絵

いじめの現場 表紙のイラスト

いじめの現場 表紙

2017年10月01日  最終更新日:2019年02月21日

小1 道徳教科書「ぱちん ぱちん きらり」挿絵


2018年度の小1道徳の教科書にて挿絵のお仕事をさせて頂きました。
学校図書さま
「かがやけみらい しょうがっこう どうとく 1年 よみもの」
「かがやけみらい しょうがっこう どうとく 1年 かつどう」
の二冊です。

学校図書「小学校道徳1年」「ぱちんぱちんきらり」挿絵

かがやけみらい しょうがっこう どうとく 1年


道徳って、来年から位置付けが変わるんですね?

道徳の教科書ってどんなだったかよく覚えてないんですけどもこれまでは個別の教科ではなく、あくまで教科外活動であり検定を受けない教材や副読本、教員が独自に作った資料などが用いられる国の関与を受けない位置付けだったとのこと。
これからは国が定めた教科書規定の下に教科書が作られて評価もされるとのことですが、道徳の成績評価って難しそうですよね〜…(^_^;)

と、いうことで。
この度正式科目になって新規に制作される教科書にイラストを採用頂くことになりました。

気になる教科書の中身ですが、僕がお仕事させて頂いた「学校図書」さまの本では既存のお話がたくさん載っていて、それについての意見交換や感想を考えていくような授業になるのだと思います。

僕が担当したのは矢崎節夫さんという方の書いた「ぱちん ぱちん きらり」というお話のさし絵。
何でも屋さんのカニさんに少々困った依頼が来て…というお話。
すごく可愛いお話を担当させて頂けてとてもうれしく思います。


学校図書「小学校道徳1年」「ぱちんぱちんきらり」挿絵

学校図書「小学校道徳1年」「ぱちんぱちんきらり」挿絵

学校図書「小学校道徳1年」「ぱちんぱちんきらり」挿絵

学校図書「小学校道徳1年」「ぱちんぱちんきらり」挿絵

続きを読む

2017年03月14日  最終更新日:2019年01月30日

文理さま「できるがふえるドリル 小学1年 国語 」

この度、株式会社 文理さま発行の「できるがふえるドリル 小学1年 国語」のイラストを担当させて頂きました。

このドリルは小1向けのひらがなとカタカナの練習用で、僕はひらがな部分と付録の「ひらがなカード」のイラストを担当いたしました。

冊子として眺めてるとそんなに描いたとは思えないんですが計350点ほど描いております。
そこまで大量の点数を定められた日程の中で描いた事がなかったので、スケジューリングの目算を大幅に誤ってしまいクライアントさまには色々とご迷惑をおかけしてしまったのですが(誠に申し訳ありません…)それも含め大変勉強させて頂けました。

これまではデフォルメした動物ばかりを描いていましたが教育用のイラストは実物に忠実な絵を描く事求められますので今回は資料をしっかり見て描きました。
何より動物をしっかり描くときには「足」が難しいなぁ…と改めて思ったり「塗り方」「描き方」に於いても考える事がたくさんありましたのでこれを今後の大きな糧にしたいと思います。

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

できるがふえるドリル

最後に、ご依頼くださったクライアントさまにお礼を申し上げます。
ありがとうございました!