カットイラスト」タグアーカイブ

2020年07月29日  

やまなし 宮沢賢治(お話イラスト)

【やまなし】宮沢賢治

やまなし

そのとき、トブン。
黒い円い大きなものが、天井から落ちてずうっとしずんで又上へのぼって行きました。キラキラッと黄金のぶちがひかりました。

『かわせみだ』子供らの蟹は頸をすくめて云いました。
お父さんの蟹は、遠めがねのような両方の眼をあらん限り延ばして、よくよく見てから云いました。

『そうじゃない、あれはやまなしだ、流れて行くぞ、ついて行って見よう、ああいい匂いだな』
なるほど、そこらの月あかりの水の中は、やまなしのいい匂いでいっぱいでした。

三疋はぼかぼか流れて行くやまなしのあとを追いました。
その横あるきと、底の黒い三つの影法師が、合せて六つ踊るようにして、やまなしの円い影を追いました。
間もなく水はサラサラ鳴り、天井の波はいよいよ青い焰をあげ、やまなしは横になって木の枝にひっかかってとまり、その上には月光の虹がもかもか集まりました。

『どうだ、やっぱりやまなしだよ、よく熟している、いい匂いだろう。』
『おいしそうだね、お父さん』
『待て待て、もう二日ばかり待つとね、こいつは下へ沈んで来る、それからひとりでにおいしいお酒ができるから、さあ、もう帰って寝よう、おいで』

親子の蟹は三疋自分等の穴に帰って行きます。
波はいよいよ青じろい焰をゆらゆらとあげました、それは又金剛石の粉をはいているようでした。

2020年07月06日  最終更新日:2020年08月19日

教育芸術社 「小学生の音楽」カットイラスト

教育芸術社さまの音楽教科書「小学生の音楽」にてカットを2点担当致しました。

音楽教材のイラストは以前ヤマハさまの教材で数点描かせて頂いた事があるのですが教科書ではこれが初めてになりました。

自身は元々音楽が好きで今も趣味で楽器をたしなみますので音楽に関連するお仕事を頂けるのはとても嬉しく思います。

1年生の教科書では「きらきらぼし」、4年生の教科書では「歌のにじ」と、それぞれ一曲ずつ挿し絵を担当致しました。

構図と想像力と

教科書・教材の絵を描く際には、ご希望がない限りは出来るだけ「空間を広く見せる」ような構図を意識しています。
広がりやヌケを表現して、子供たちの想像力を少しでも触発出来るようにと意識していますが、今回は2点とも見上げ気味のアングルでその効果を狙いました。

どちらも自分らしい絵になったと思います^^

きらきらぼし

きらきらぼし

きらきらぼし

きらきらぼし

歌のにじ

歌のにじ

最後に、ご依頼頂きましたクライアントの皆様にお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました!


2020年04月04日  最終更新日:2020年05月25日

小学校教科書「わたしとせいかつ」上下巻 付録イラスト

2020年度から小学校で使用される「わたしとせいかつ」(日本文教出版さま)という生活教科書にてイラストを描きました。
1年生と2年生が使う教科書になります。

巻末にある、防災や日常の安全についてひとまとめにされた付録部分の扉絵、カット絵を担当しております。

※イラスト全点はこちらから→ 上巻 下巻

上下併せて扉絵2点・カット絵約200点でしたのでそれなりに大変でしたがご依頼時のご希望にありました「あたたかい雰囲気」をもたせることは出来たかなと思います。

個人的には季節にまつわるカットがお気に入りです。
『わたしとせいかつ 上巻』付録カットイラスト

『わたしとせいかつ 下巻』付録カットイラスト

同じ場所を季節や空気感によって描き分けるのは、このお仕事に限らずとても好きです。

その他の絵もカットとはいえそれぞれ自分らしいイラストになったかなと思います。
これを読んでくれる子供達の日々の生活の一助になりましたら幸に思います。

以下、イラストの一部です。
全体はこちらよりご確認ください→ 上巻 下巻

『わたしとせいかつ 上巻』付録カットイラスト 『わたしとせいかつ 下巻』付録カットイラスト 『わたしとせいかつ 上巻』付録カットイラスト 『わたしとせいかつ 下巻』付録カットイラスト

最後に、ご依頼頂きましたクライアント様に御礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました!

2020年03月30日  最終更新日:2020年05月26日

小学校教科書「わくわく算数」挿絵 1.3.4年生

前回、啓林館さまの「わくわく算数」の表紙絵について投稿しましたが、本の中のカット絵も一部担当しておりました。

学年は1.3.4年生です。
表紙と同じく、学年ごとに登場する子たちも少しずつ身長が成長してゆきます。

算数に限らず、教科書や教材は学年を経るにつれてイラストが少なくなったり可愛らしい絵が減っていくのですが、今回は1年生も担当させて頂けたのでこれまでのような動物さんも登場することになりました。

1年生

3年生

4年生

教科書のカット絵は写実表現が基本とはいえ、それなりに頭を使いますので描くのはとても楽しいです!

また、こういう機会を頂けるよう頑張りたいと思います。
ご依頼頂きましてありがとうございました!

2018年07月30日  最終更新日:2019年01月19日

東京書籍さま「数学へのステップ」カットイラスト

今回も以前のお仕事をご紹介してみようと思います。

イラストのお仕事としては珍しく中学以上の教材のお仕事です。
2016年のお仕事なので随分前のお仕事になります。
が。
あまり描かないタイプの絵なのでblogに取り上げよう取りあげようと思いつつもタイミングを逃し続けたまま今日になってしまいました…(^_^;)

東京書籍 「数学へのステップ」カットイラスト

東京書籍 「数学へのステップ」カットイラスト

こうして画像を見るとそれなりのサイズに見えますが、実際は1点4cm×2cmでしたので出来上がりは結構小さいです。

矩形やライン、文字入れなどもすべてこちらの担当だったのですが見ての通り専門性の強いお仕事ゆえ曖昧な部分はNGなので少々苦心しました。

イラスト自体は今見てもなかなか可愛いなぁと感じます(自画自賛)。
こういうイラストは一見簡単そうなのですが顔つきや目玉の位置がほんの少し違っても随分印象が変わってしまうので、仕上がりの印象よりは結構きちっと向き合って描いています。
よくあるベクター風の絵にもしたくなかったので手書き感も大事にしまして、結果的には良い仕上がりになったと思います。

ということで今回も以前のお仕事のご紹介でした^^

改めまして、ご依頼頂きましてありがとうございました!

2018年07月19日  最終更新日:2019年03月11日

「わからないをわかるにかえる高校入試 国語」カットイラスト

去年辺りから世に出たお仕事をなかなかblogに書くことが出来なかったのですが、そろそろ色々と落ち着いてきたので書き残しておきたかったものを少しずつ取り上げてblogに書いていこうと思います。

ということで今回は「わからないをわかるにかえる高校入試 国語」(文理さま)内の挿絵です。
古文・漢文の章だったので絵は古い時代の内容でした。

わからないをわかるにかえる高校入試 国語のイラスト

わからないをわかるにかえる高校入試 国語

教材の中のイラストいうのは年齢と共にどんどん需要(必要)がなくなっていきますので中学以上の教材のお仕事は今回でまだ二度目程度です。
絵柄的にも個人的には珍しいお仕事ですね。

今回はとても小さな挿絵だったのですが「大きく描いて縮小してご納品」すればよかった…と後から悔いました。
小さいサイズの場合はピクセルの都合上どうしても線やストロークが粗くなってしまうのですが、倍くらいのサイズで描けば綺麗になったはずなので次の機会にはそうしたいと思います。

また、史実に沿わないといけないイラストは「服装や建物などを間違ってはいけない」のでサイズに関わらずしっかり資料を読み込んだり調べたりしないといけなくてなかなか大変です(^_^;)。
小さいからささっと描けるかな、なんて思っていると大間違い!
きちんと事実に沿って描けるまで納品は出来ません。
歴史系のイラストをたくさん描いている方々なんかは個人的にも史実やディテールなどに詳しいんだろうな〜…と感じました。
僕が詳しいのは音楽や楽器くらいなのでその辺のお仕事にリーチできると良いのだけどな〜…

というわけで。
最後にご依頼くださったクライアントさまへお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました!

2018年01月08日  最終更新日:2019年03月11日

三太郎風 カットイラスト

先日少し変わったお仕事をさせて頂きました。
とある商品のパンフレットにて、昔話をモチーフにしたカットイラストを描かせて頂きました。

Satomiplatzさま 商品カタログイラスト

Satomiplatzさま 商品カタログイラスト


続きを読む