2015年08月11日  

古い友とガールズイラストと

先日、ある書籍の表紙イラスト&デザインを担当させて頂きました。

電子書籍の表紙なのですが、もう随分長い間描いていなかった「ガールズイラスト」を依頼して頂き、「嬉しい半分・不安半分」で引き請ける事になりました。

だまされない女のつくり方

だまされない女のつくり方


著者は学生時代からの知り合いで20歳過ぎには同じバンドで切磋琢磨した間柄の友、藤本シゲユキ氏。
いつの間にか長い長い付き合いになりました。

互いに風変わりな生き方をしているのでタマに会えばあれやこれやとくだらない将来構想を話したり、互いの今にケチをつけたり、仕事で協力したりまた離れたり。
僕は僕で結局視覚的な仕事を中心に続けてきて今に至りますが、様々な職を経験してきた彼の今の肩書きは「恋愛コンサルタント」なる恋に悩める女性へのアドバイザー業。
自身の様々な経験を活かして世の女性へ日々メッセージを発信しています。

blogとコンサル業自体は1年ほど前から開始していたのですが、このたびその投稿記事をまとめて電子書籍にしてみるとの事。
その話をしている際に「前に描いてた女性が気に入ってるんだけどそれを表紙に描けないか?」という話になり若干困惑しつつも、たまたまその頃人物画を描き始めていたので良いタイミングかな?とお請けする事になりました。

意外と思われるかもしれませんが僕はガールズイラストが大好きです。
元はと言えば「ガールズイラストが描きたくて絵描きを志した」といっても過言ではないほどの経緯で絵描きの修行を始めました。
しかし、人にはやはり向き不向きと言うのがあります。
何年か経った頃、自分にはガールズイラストの才能が無いと痛感して思い切って方向を転換し今のような動物や子供を描くようになったのですが、こうして久々にまた女性を描く機会を頂けた事をとてもありがたく感じています。

今後ガールズイラストでバリバリとお仕事を出来るとは全く思っていませんが、そんな事はさておきこうして新鮮な感覚と気持ちでまた女性を描く機会を与えてくれた友人に心から感謝しています。
ありがとうございます。

最後に。

このご本を読まないといけない人は一人でも少ない方がいいのですが(笑)なによりまず、友人に祝いの言葉を。
発売おめでとうございます!
今後の活躍を心から祈っております!