2013年03月02日  最終更新日:2013年05月27日

メダカさん

我が家では3つの水槽にそれぞれ違うメダカさんを飼っています。

メダカと言うのはそもそも黒か白かで、あとの沢山の種類は人間が改良して出来た云々等の話は今回は省きまして、その中のミニメダカさんの水槽でどうやら産卵した子がいる様子なのですが、そこでこんな光景が…

medaka

medaka02

medaka03

medaka04

なんでしょう…
くわえてるのかくっついてしまってるのか、分かりません。
とりあえずご本人は特に気にしてなさそうなので放っておいてます。

ちなみに3つの水槽のうち1つはビオトープ(イメージはこの辺で)で、そこには白メダカさんが10匹ほどいて春〜夏にかけてこれでもかってくらい産卵するのですが、卵から孵ると餌と間違って成魚が食べてしまうので卵の段階で別の場所に隔離しています。
が…孵っても何故か自然と死んでしまって去年生き残ったのはたったの1匹…涙
卵自体は何百個とあったと思うのですが…

「稚魚が死んでしまう」などと検索した記憶が有りますがどうもしっくり来る原因は見当たらなかったように思います。

今年も多分沢山産んでくれると思うので去年とは方法を変えて次こそ多くの子を残したいと決意も新たな3月初旬。

なお、冒頭のくわえタマゴさんはどうしようかまだ未定です。